Author Archive

毛が濃い場合、光の当て具合を調整で痛みが減ることも

毛が濃い人は、薄い人よりも照射による痛みを強く感じることがあります。これは同じ人であっても部位による違いでも起こり得ることであり、光がメラニン色素に反応してムダ毛に吸収されることに関係しています。痛みにあまりにも強い場合には、調節することが可能です。照射出力を落とせばその分痛みが弱くなりますので、ムダ毛の質だけでなく痛みの感じ方によっても調整されることがあります。特に施術を受けたことのない人は不安を持ちながら施術に臨みますので、一番最初の施術が一番痛みを強く感じるということもあります。どの程度の出力にするかは施術を行う側の判断にかかっていますが、希望をあらかじめ伝えておくことは大切です。


実は光脱毛では、完璧な効果を求めるのか、それとも目立たなくなれば良いのかという求める結果によっても施術の仕方が変わってきます。施術を受ける人の状態によって照射される出力の強さや必要な回数が変わってくる類のものですので、逐一調整をしながらすすめることも十分に可能です。何か不安がある時には事前に相談しておくと、個々の問題に対処してくれますので、カウンセリングの際には遠慮せずにどんどん聞いてみるようにします。

光脱毛で痛いときは冷却ジェルで冷やすのを忘れずに!

ムダ毛だけにピンポイントでダメージを与えていくことができる光脱毛、比較的周りの肌への刺激は少ないとされているのですが、それでも完全にそれをなくすことはできません。光を患部にあてていくだけでも肌が乾燥したり、もしくはその他の症状を引き起こしてしまう、そんなケースも中にはあるのです。
もちろん、多くの脱毛サロンではそうならないために施術の前後に入念なスキンケアが行われます。ですが、利用者の肌質、体質によっては光脱毛の施術後に患部が熱をもって痛み出すこともあります。こうした症状、実は施術によって肌が炎症を起している状態です。ですから症状を解消していくにはこの炎症を抑えていくために、患部を冷却ジェルなどで冷やしていく必要があるのです。


患部を冷やして炎症を抑えていく、そしてその後、保湿ケアを徹底する、たったこれだけの作業で脱毛による肌のダメージをかなり軽減していくことが出来ます。
脱毛サロンでこれらの作業を行っているところもありますが、それでも不安を感じる人、もしくは肌が弱いと自分で思っている人は自宅でもこの冷却ジェルを使ったアイシングを行っていくようにしましょう。施術当日は特に、肌が敏感になっている状態なので、より入念な手入れが必要になってくるのです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)のメカニズムと痛みの関係

光脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛、プラズマ脱毛などといった呼ばれ方をされています。基本的な仕組みとしては、メラニン色素にのみ反応する特殊な光をムダ毛に照射します。その照射された光は熱エネルギーに変換されて、その熱がムダ毛の再生に絡んでいる毛母細胞を破壊します。このようなメカニズムで処理をする方法は他にもあり、レーザー脱毛もよく似た施術です。ただし、両者には波長の違いがあり、レーザー脱毛はやや狭い範囲を強力なエネルギーで照射し、光脱毛は広い範囲を弱めのエネルギーで照射します。
光脱毛は照射出力が抑えめですので、痛みはごく小さい方法です。ただし、ムダ毛の濃い部分はやや強い痛みを感じることもあります。施術の効果が出てきて少しずつ減毛をしていけば、より痛みは小さくなります。現在行われている施術の中でももっとも優しい方法ですので、痛みに弱い人はこの施術を選んでおくと安心です。


肌に優しいだけでなく美肌効果まで得られる方法ですので、美容的な面を重視する人々にも選ばれています。まだレーザー脱毛と比べると歴史は浅いのですが、費用や効果、肌への負担などを考慮するとメリットが多いので、主流となりつつあります。

ケア剤が合わない場合は担当者に相談を

女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、自分で行う処理では、どうしても仕上がりが綺麗にならず、数日ですぐに生えてきてしまううえ、お肌へダメージを与えてしまうことも多いので、プロの脱毛ケアを受けたいと考える方も多いようです。


特にエステサロンでの脱毛ケアは、驚くほど低価格になってきているので、これなら自己処理と大差ないからと、チャレンジし始めている女性も増えていますが、実際に体験した人の中には、施術で肌トラブルが起きてしまったという声も上がっているので、深刻な問題になる前に担当者に相談し、自分の肌質にあったお手入れをしてもらいましょう。脱毛の施術そのものには問題はなくても、施術前後に使用するケア剤が合わないという方も多く、ピリピリと刺激がしたり、発疹や赤みが出てしまうこともあります。施術でのちょっとした異変でも、直ちに担当者に伝え、適切な処置を行ってもらわないようにしないと、不安感が募りお手入れを途中で断念してしまうことにもつながりかねません。また、肌トラブルを最小に抑えたいのであれば、エステサロンではなく美容皮膚科で医療脱毛を受けるというのもおすすめです。医薬品が処方できるため、肌トラブルが起きてしまっても敏速に治療ができるので、大事に至らずに済みます。

我慢できないほどの痛みがある場合

レーザー脱毛や光脱毛は毛の黒い色に反応する光やレーザーを使用して毛根にダメージを与えるため痛みがあります。
毛だけではなくメラニンに反応するので、色素沈着を起こして黒ずみがある皮膚や日焼けしている時には強い痛みを感じることが多くなります。
我慢できないほどの痛みがある場合には医療機関の場合には麻酔クリームを塗る表面麻酔や笑気ガスを使用した麻酔をして脱毛することもできますが、エステなどでは麻酔を使用できないため他の対処法が必要となります。
簡単に行える方法は肌をよく冷やすことで痛みを感じにくくすることができます。


保冷剤などをタオルに包んで脱毛をする箇所を事前に冷やしておいたり、施術に使用する肌を保護するジェルを冷やすのも効果があります。
事前にできる準備としては肌を保湿しておくことや体調を整えておくことも効果的です。
それでも痛みを我慢できない場合には光の出力を低くしてもらうことができます。
出力が弱いと脱毛効果も低くなり回数を通う必要がでますが、痛みで通うのがストレスになるよりは良い方法といえます。
エステでどうしても痛みを感じる場合には麻酔薬を使用して脱毛するほうが痛みを感じずに早く脱毛を終了することができるため、医療機関での脱毛を行うほうが安心です。

部位によってなぜ痛みは違うのか

ビューティー15

脱毛を行う場合は、次の点を覚えておかなければなりません。
すなわち、脱毛する部位によって痛みの程度が異なるということです。
この点は、特に痛みに弱い人はよく覚えておいてください。
例えば、ある部位を脱毛して痛くなかったとしても、別の場所を行うと同じ方式であっても痛みを感じることがあるということです。

では、どういう場所が痛みを感じやすいかといえば、黒い毛が密集して生えている部分です。


例えば、脇、Vライン、Iラインなどがそうですが、こうした部分には毛が密集して生えているので、他の部分より痛みを感じやすいはずです。
なぜ、毛が密集している部位は痛みを感じやすいかといえば、それはもともと毛が多く生えている部分は刺激に敏感で痛みに弱い部分だからです。
それに加えて、レーザー脱毛を行う場合、レーザーは特に毛の黒い部分に強く反応するからです。
こうした理由から、毛の濃い部分は特に痛みを感じやすくなります。
ただし、実際の痛みの程度には個人差がありますし、痛みがなるべく起こらないように対策をしてから施術することもできます。
ただし、同じ方式や機器であっても、脱毛する部位によって痛みの程度が異なることは覚えておいたほうがいいでしょう。

光脱毛(フラッシュ脱毛)の痛みについて

ビューティー14光脱毛(フラッシュ脱毛)は、エステや脱毛サロンなどで施術が行われており、肌に優しい脱毛方法として人気が高まっています。
しかし施術時にはまったく痛みがないというわけではなく、多少の刺激はやむを得ません。
光脱毛で痛みが起こるのは、光によって生み出される熱が肌にダメージとなって伝わるためです。
光脱毛では、ムダ毛の黒い色素であるメラニンに反応し、熱を生じさせる光を照射することで脱毛効果を得ます。
光をムダ毛に照射すると、毛根部分に熱が生じ、細胞がダメージを受けてムダ毛が再生しなくなるというメカニズムです。
施術前には必ず剃毛するため毛根部分にのみ集中的に熱が伝わりますので、ダメージを受ける範囲は非常に少ないのですが、それでも一瞬ちくっとするような感覚があります。


光脱毛は機器の出力がレーザー脱毛ほど強くなく、また光を照射する前には肌を保護するためのジェルを塗って肌への刺激を弱めていますので、我慢できないほどの強い痛みを感じることはほとんどありません。
ただし伝わる熱のダメージはメラニンの多さに比例して大きくなりますので、毛量が特に多いという人や、皮膚のメラニンが多いデリケートゾーンの施術時に関しては通常より痛くなりやすいということに注意しましょう。

ニードル脱毛の痛みについて

ビューティー13

様々な美容脱毛の中でも古くから永久脱毛としてエステで行われてきたのがニードル脱毛です。
これはニードルと呼ばれる針をムダ毛の根元に指して、電流を流すことで毛乳頭を破壊するという脱毛法です。
毛乳頭に直接電流を流して完全に破壊することが出来るので、ムダ毛が生えてくるのを防ぎ、永久脱毛を行うことができるのが魅力です。
エステティシャンの高い技術力が必要で、一本一本の毛根に作用させていくので長い時間もかかる施術です。
そのため、施術を受ける方も姿勢を一定にするなどの努力が必要な上、かなり施術が痛いので負担のかかる施術法でもありました。
痛みや長時間かかるということを考えても、永久脱毛が可能というメリットが大きく、現在でも多くの方がこのニードル脱毛にて永久脱毛を完了させています。


ニードル脱毛の痛みは電流を流した時の刺激と同時に、一本一本を脱毛していく刺激があります。
慣れてくるとそれほど痛く感じないという方もいますが、特にデリケートゾーンなどは痛みを感じてしまうことが多い様です。
痛みが心配な方は痛みが少ない脱毛法であるフラッシュ脱毛などを選ばれています。
また部位ごとに脱毛法を使い分けるという方も多くいらっしゃいます。

なぜ痛みには個人差があるのか?

ビューティー12脱毛サロンでの脱毛は、痛みが少ない事で人気ですが、それでも痛みを感じるという人は少なくありません。
同じ施術でも、痛みに個人差がある理由は、毛の状態や肌の状態が人によって異なる為です。
同じ部位に対する施術の場合、毛が太くてしっかりとしている、もしくは毛が密集しているという場合、痛みを感じやすい状態となります。
更に、肌の状態によっても痛みの感じ方は変わります。
保湿がしっかりとした肌の場合、痛みが少ない状態での施術が可能となります。


それに対して、肌が乾燥していると、痛みを感じやすくなります。
ですから、脱毛の施術を始めた場合、肌の保湿ケアをしっかりとしておく事がお勧めです。
それにより、痛みを感じにくい状態で施術が可能となるだけでなく、施術の効果も出やすくなります。
乾燥肌でない人であっても、脱毛を始めたら、保湿ケアを行っておく事がお勧めです。
毛には肌の保湿を高める働きがあり、脱毛を始めて、ムダ毛の量が減ってくると、肌は乾燥しやすくなります。
ですから、脱毛を始めたら、保湿ケアはしっかりと行うようにしておく事がお勧めです。
それにより、痛みが少ない状態での脱毛が可能となるだけでなく、効果が出やすくなる事になります。