我慢できないほどの痛みがある場合

レーザー脱毛や光脱毛は毛の黒い色に反応する光やレーザーを使用して毛根にダメージを与えるため痛みがあります。
毛だけではなくメラニンに反応するので、色素沈着を起こして黒ずみがある皮膚や日焼けしている時には強い痛みを感じることが多くなります。
我慢できないほどの痛みがある場合には医療機関の場合には麻酔クリームを塗る表面麻酔や笑気ガスを使用した麻酔をして脱毛することもできますが、エステなどでは麻酔を使用できないため他の対処法が必要となります。
簡単に行える方法は肌をよく冷やすことで痛みを感じにくくすることができます。


保冷剤などをタオルに包んで脱毛をする箇所を事前に冷やしておいたり、施術に使用する肌を保護するジェルを冷やすのも効果があります。
事前にできる準備としては肌を保湿しておくことや体調を整えておくことも効果的です。
それでも痛みを我慢できない場合には光の出力を低くしてもらうことができます。
出力が弱いと脱毛効果も低くなり回数を通う必要がでますが、痛みで通うのがストレスになるよりは良い方法といえます。
エステでどうしても痛みを感じる場合には麻酔薬を使用して脱毛するほうが痛みを感じずに早く脱毛を終了することができるため、医療機関での脱毛を行うほうが安心です。

Comments are closed.