光脱毛で痛いときは冷却ジェルで冷やすのを忘れずに!

ムダ毛だけにピンポイントでダメージを与えていくことができる光脱毛、比較的周りの肌への刺激は少ないとされているのですが、それでも完全にそれをなくすことはできません。光を患部にあてていくだけでも肌が乾燥したり、もしくはその他の症状を引き起こしてしまう、そんなケースも中にはあるのです。
もちろん、多くの脱毛サロンではそうならないために施術の前後に入念なスキンケアが行われます。ですが、利用者の肌質、体質によっては光脱毛の施術後に患部が熱をもって痛み出すこともあります。こうした症状、実は施術によって肌が炎症を起している状態です。ですから症状を解消していくにはこの炎症を抑えていくために、患部を冷却ジェルなどで冷やしていく必要があるのです。


患部を冷やして炎症を抑えていく、そしてその後、保湿ケアを徹底する、たったこれだけの作業で脱毛による肌のダメージをかなり軽減していくことが出来ます。
脱毛サロンでこれらの作業を行っているところもありますが、それでも不安を感じる人、もしくは肌が弱いと自分で思っている人は自宅でもこの冷却ジェルを使ったアイシングを行っていくようにしましょう。施術当日は特に、肌が敏感になっている状態なので、より入念な手入れが必要になってくるのです。

Comments are closed.