光脱毛(フラッシュ脱毛)の痛みについて

ビューティー14光脱毛(フラッシュ脱毛)は、エステや脱毛サロンなどで施術が行われており、肌に優しい脱毛方法として人気が高まっています。
しかし施術時にはまったく痛みがないというわけではなく、多少の刺激はやむを得ません。
光脱毛で痛みが起こるのは、光によって生み出される熱が肌にダメージとなって伝わるためです。
光脱毛では、ムダ毛の黒い色素であるメラニンに反応し、熱を生じさせる光を照射することで脱毛効果を得ます。
光をムダ毛に照射すると、毛根部分に熱が生じ、細胞がダメージを受けてムダ毛が再生しなくなるというメカニズムです。
施術前には必ず剃毛するため毛根部分にのみ集中的に熱が伝わりますので、ダメージを受ける範囲は非常に少ないのですが、それでも一瞬ちくっとするような感覚があります。


光脱毛は機器の出力がレーザー脱毛ほど強くなく、また光を照射する前には肌を保護するためのジェルを塗って肌への刺激を弱めていますので、我慢できないほどの強い痛みを感じることはほとんどありません。
ただし伝わる熱のダメージはメラニンの多さに比例して大きくなりますので、毛量が特に多いという人や、皮膚のメラニンが多いデリケートゾーンの施術時に関しては通常より痛くなりやすいということに注意しましょう。

Comments are closed.