光脱毛(フラッシュ脱毛)のメカニズムと痛みの関係

光脱毛は、フラッシュ脱毛やIPL脱毛、プラズマ脱毛などといった呼ばれ方をされています。基本的な仕組みとしては、メラニン色素にのみ反応する特殊な光をムダ毛に照射します。その照射された光は熱エネルギーに変換されて、その熱がムダ毛の再生に絡んでいる毛母細胞を破壊します。このようなメカニズムで処理をする方法は他にもあり、レーザー脱毛もよく似た施術です。ただし、両者には波長の違いがあり、レーザー脱毛はやや狭い範囲を強力なエネルギーで照射し、光脱毛は広い範囲を弱めのエネルギーで照射します。
光脱毛は照射出力が抑えめですので、痛みはごく小さい方法です。ただし、ムダ毛の濃い部分はやや強い痛みを感じることもあります。施術の効果が出てきて少しずつ減毛をしていけば、より痛みは小さくなります。現在行われている施術の中でももっとも優しい方法ですので、痛みに弱い人はこの施術を選んでおくと安心です。


肌に優しいだけでなく美肌効果まで得られる方法ですので、美容的な面を重視する人々にも選ばれています。まだレーザー脱毛と比べると歴史は浅いのですが、費用や効果、肌への負担などを考慮するとメリットが多いので、主流となりつつあります。

Comments are closed.