毛が濃い場合、光の当て具合を調整で痛みが減ることも

毛が濃い人は、薄い人よりも照射による痛みを強く感じることがあります。これは同じ人であっても部位による違いでも起こり得ることであり、光がメラニン色素に反応してムダ毛に吸収されることに関係しています。痛みにあまりにも強い場合には、調節することが可能です。照射出力を落とせばその分痛みが弱くなりますので、ムダ毛の質だけでなく痛みの感じ方によっても調整されることがあります。特に施術を受けたことのない人は不安を持ちながら施術に臨みますので、一番最初の施術が一番痛みを強く感じるということもあります。どの程度の出力にするかは施術を行う側の判断にかかっていますが、希望をあらかじめ伝えておくことは大切です。


実は光脱毛では、完璧な効果を求めるのか、それとも目立たなくなれば良いのかという求める結果によっても施術の仕方が変わってきます。施術を受ける人の状態によって照射される出力の強さや必要な回数が変わってくる類のものですので、逐一調整をしながらすすめることも十分に可能です。何か不安がある時には事前に相談しておくと、個々の問題に対処してくれますので、カウンセリングの際には遠慮せずにどんどん聞いてみるようにします。

Comments are closed.